FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

女王と下僕と姫と巫女と保健室のお姉さんと宇宙人

↑なんか、超大作が書けそうで書けないことはないかもしれないキャラクターたち。私が書こうとしたら某宇宙戦争な話になってしまいそう。



いや、でもカオスメンバーを的確に表しているジョブ(?)だと思います。





先生「みんなは、どんなことでストレス発散させているかな?○○は?」
○○「運動する。」
先生「▲▲は?」
▲▲「友達と喋る。」
先生「■■は?」
■■「え~・・・と・・・。」

えっ?ちょっと待って!!この流れで行くと、次は私が訊かれるんですか?!
ストレスハッサンホウ?!

オタカラメンバーの誰かと喋ってテンションMAXになるとか?
ネットしてウハウハするとか?
ポケモンDPの主人公たちの設定の細かさに同人心を燃やしたり?
卓上旅行したり?
野生の文鳥の群れの写真を見て一人で悶えるとか?
飼ってる文鳥を手の上で寝かせたり、頬ずりしたり?



ギャー!!ちょっと待って心の準備がぁぁぁぁ!!!


先生「先生はな、映画を見ることやねん。『ウォ●リー』見たいねん。」


私のターンは来なかった。
ドキドキさせないでくれよ、先生。

その後、私の事情を知っている一般人の友人たちが、
「六月一日ッチの一番最初に感動して泣いた映画は?」と訊いてきたので
「ミュウツーの逆襲。」と答えたら



二人が亜光速で引いて、そのうち一人が亜音速で帰ってきたのを感じた。



いいじゃない。ポケモン。だいすきだぁ。



真夜中、スタンドのライトを点けて目覚まし時計をセットしていた。
ふと視線を感じたので私の学習机の下付近を見ると

同年代ぐらいの女の子の顔だけが転がっていて、ニコニコしている。
人の学習机の下がそんなに楽しいのか。
我が家の学習机の下は人気スポットです。
夏には、私の生太ももを触る不届き物な奴もいましたから。

ときどき「ちいさいおっさん」や「ちいさい人間」を目撃する人がいるようです。
私は視た事が無いのですが、おそらく彼らも私が視ているモノと変わらないモノなんでしょう。彼らに大きさは関係ないようですから。


また変な終わり方になってしまった・・・。


$コメント$


百合姉様

>これをば→

こういう系読んでないですね。夜回り先生は結構読みましたが。
というか、レビューで叩かれてるではありませんか(笑)

『イジラれる』の話なんですが、彼はついに私の許容範囲を越えて、土足で上がってきたので警告をしてやりました。

六「                 。」
彼「・・・・・・・・・・・・・・・スイマセン・・・・・・・・。」

『こごえる かぜ』ぐらいの威力があれば十分だなと思っていたのですが、彼にとっては『ぜったい れいど』だったようです。クリオネの捕食シーンを初めて見た幼児のような顔で去っていきました。
それ以降、彼の態度が異常だったので彼らの周りの人の話を盗み聞きしてみると、彼は少し私に好意を寄せていたようでした。

わかんねーなぁ。あれで表現していたつもりだったのか?
結構前からしつこいとは思っていましたが。
私が鈍感なのか?可能性は十分ありますが。

他クラスの奴からの攻撃も激減しましたし、まぁ一件落着です☆


>神妙な組み合わせですね
もともと上手くないんですよ。コミュニケーション。

>目に墨汁塗りたくってる女集団を除いて、6組は制覇済み。
やりますな。私も墨汁塗りたくってる部類は苦手です。

>kwsk
え~と、『(笑)』みたいな意味ですか?

>誤字りまくるヒムロたん萌えー!
えっ?うぎゃっ本当だ!!恥ずかしぃいいいいいい!!!!!
クールに決めようとしても着地点で失敗する。それが六月一日なのです・・・。うぅ。


海水様

>自分の前で話題にされるとかすごく嫌だ(・ω・`)
そうですよ。チキンばっかりですよ。チキン。
呼ばれても困るけど(笑)

>まさか∑(´Д`;)
三次元でお話した通りでゴザイマス。
きっと、彼女がいたらそういう行為を彼女にするんだろうね。

か 様

>さらに新しいBL教をどうぞ
苦手なんですってば(泣)
一番最初に強烈なものを見せられたからかもしれないですが…同性同士って所もあるかもしれないですが、あの独特の熱い視線と空気が苦手なんだと思います。ノーマルでもそういうの苦手なんです。
恋愛小説は『電車男』しか読みきったことありません。
でも、『イップ イップ セイ』という単語を聞いて
『一夫一婦制』ではなく『一夫一夫制』って浮かんでくるところが哀しいです・・・。
スポンサーサイト
category
ヒトリゴト
Relation Entry

Comment

あれ?私はカオスメンバーに含まれていないのですか。まさか、げぼk…ごほんごほん。それは有り得ないですね。思い違いです、亜光速で忘却してください。

とりあえずここに「変態」と「珍獣」を付け加えておくと大完成でしょう。誰だか解かります、よね…?

ていうか…ヒムロたん天然すぎでしょ!実際の彼の挙動を拝見したわけではないですが、特に男性の場合、少なからず好意でもなければ、友人でもない特定の女性に対して懇意に会話を持とうとしませんよ。あなたは無条件に好かれているんですよ、アガペーですよ!あなたが彼をどう思っているかはともかく、これを利用しない手はありません。誠に羨ましいお立場!「嫌われたか…」と思って落ち込んでいる彼に対して、態度を一変させて急に優しく接してあげるとイチコロです。そしてまたキツく当たってみたり…。飴:鞭の比率さえ間違えなければ、彼は俎上の鯉が如く翻弄されるでしょうな。(くれぐれも「魔性」呼ばわりされぬよう、言動に細心の注意を払うことは大前提ですが)

あと、私が「神妙な組み合わせですね」と評したのは、コミュニケーション云々の話ではなく、あなたの誤字(同姓→同性)をさり気なく指摘するためだったんですが、奇しくも伝わらなかったようですね。またしてもあなたが天然であることを裏付ける揺るがない証拠です。かわいすぎる。先ほどの話題と絡めてコメントさせていただくと、私はあなたに対して恋愛感情の類は抱いておりませんが、かような天然な一面にを垣間見る度に非常に萌えます。新しいジャンルが開発できそうなほど、かわいいです。もっとやれ!

「kwsk」は「詳しく」の略語で、「もっと詳しく教えてください」という意味を内包しておるわけですが、如何せん、これについても情報交換の際に齟齬が発生したようですね。まぁ、気にしないで下さい。

長文、大変失礼致しました。これからもどうか私のために、そして公共の福祉のためにも、着地失敗を続けてください^^
  • 2008⁄11⁄29(土)
  • 09:13

私の場合、「生涯を通じて泣いた映画は?」とたずねられても、「ミュウツーの逆襲」としかこたえられないから困ったもんだぜ。涙腺が強いのも困ったものです。

俺も夏には生霊としてヒムロさんの脚を撫でn…ゲフゴフ。イヤ、ナンデモナイデスヨ。
  • 2008⁄11⁄29(土)
  • 14:54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。