スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

金銀リメイクおめでとーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

一講目の体育のために着替えて、皆でネット張って、ラケットだして、さーやるぞーとか言ってたら「今から休校です。」って…。



往復の通学時間約2時間半、学校にいた時間30分。



校風から言うと何があっても休校にならなさそうなんですがね。
電車は今日は日曜日かと思うくらいガラガラでしたからね。
乗ったときからウスウス感じてましたがね。
うえあー。


電車で『ライラの羅針盤』が集中して読めて良かったということにしておきましょう。
外国のって読みにくい


遊びにも行けないわけですので家で、おとなしく課題とポケモンやってます。


「新型インフル」とか言ってますけど、ちょうど去年の暮れにインフルエンザの予防接種を受けたのに春にインフルエンザに罹ったと言う人を何人かきいたことがあります。
当時はこんなに精密に検査しなかったから分からなかっただけで、「もともと日本にも潜んでいた」っていう可能性もあるんじゃないでしょうかね?



少し遡って…。

ちょうど、授業が無い時間に近くを通ると言うことで都の三大祭に行ってきました。

観光客の数は覚悟してましたが、太陽の日差しほど容赦が無いものは無い。
鳶は低空で観光客の頭上を優雅に飛んでいました。(野次馬?それとも狙われてる?)

参列を先頭で誘導する京都府警騎馬隊の婦人警官さんがかっこよかった…。
騎馬隊って本当にあったんですね。
悠然と馬に乗り、闊歩して行くさまは武将のよう。
そして、馬はやっぱり足の筋肉とお尻の曲線美ですね。
あの美しさは形容しがたいです。(これがメインじゃないですよ)

平安時代の衣装に包まれた方々が、すまし顔で上賀茂神社へ向かって行く。
お稚児さんが通り過ぎる速さが尋常じゃなかったのでシャッターチャンスを逃してしまいました。
当時、鎧をつけた成人男性が馬に乗って疾走できたのかな…。だって重いでしょ?





次の日は初めて、大学の友人と京都観光をしました。

一番最初に、ISETANの高橋留美子展、。いわゆる原画展でした。

何を隠そう、ハガレンにはまる前は高橋留美子にはまっていました。
親の実家から高橋留美子の短編集や『らんま2/1』を発掘して喜んで読み、
『うる星やつら』を文庫サイズで買い集め、古本屋へ行って抜けている短編集を買い集めていました。
短編がすごいですよね。ストーリーの構成力、限られたページでキャラクターを余すことなく使い切る。
短編集では『ダストスパート』シリーズが好きですね。長期は『犬夜叉』よりも『らんま』やっぱり『うる星やつら』ですね。語れる同年代がいないのが残念です。イラストは水彩を使っていた『うる星…』から『めぞん一刻』の頃が好きですね。手の描き方とか女の子の体の描き方が好きで何回も模写して、絵の世界にどんどん引きずり込まれていきました。



とまぁ、語ると尽きないので自重。




その中でも一番興奮したのは、34人の有名作家が描く「ラムちゃん」!!

あだち充、青山剛昌をはじめ、荒川弘、いとうのいぢ、久米田康治!!!
ケロロ、よつばと、クロマティ、北斗の拳、ハチクロ、(作者の名前が出てこない…orz)etc…。


あまりにも豪華メンバーで卒倒しそうでした……。
それぞれの作家さんの描き方を勉強できた良い機会でした。。。



その後は、四条をギャグマンガ日和なテンションで徘徊。
関東にはひやしあめが無いということで関東の友人たちに紹介したり、「コヤス」を連呼しながら清水寺へ行ったり。
(「コヤス」は魔法の呪文です。新しいアニメ友達が欲しかったら「コヤス」と叫んでみましょう。ある程度の笑いが起きます。)

2年前に同じところを観光しているのに、一緒に来る人が違うと新しい発見があって面白いですね。


あと、京都と言えば『鴨川ホルモー』という小説が面白いですよ。すぐに読めるので通勤などに最適ですね。
作者はドラマ化もされた『鹿男あおによし』を書いた方。
京都の地名を知っている人は楽しさ倍増です。
特に、龍○や○都、立○○、京○に通っている方はぜひぜひです。





スポンサーサイト
category
ヒトリゴト
Relation Entry

Comment

No title

俺は京都なのに京都じゃないところに行ってるので全然地名を知りません…
  • 2009⁄06⁄14(日)
  • 02:09
  • [edit]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。