FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

クラクション


お家に遊びに来てくれたゆうさんとレッツ!パネポン!!


隠しの『スペシャルハード』モードを出して、そこそこまでいけていたので
パネポンには自信があった私でしたが・・・・・・・・・。



ゆうさんにフルボッコされました。


ゆうさん「わー。やっぱりスーファミとゲームキューブのパネポンって違うなぁ。あっ、アクティブ4連鎖。」

六月一日「ぎゃー!!!じゃまパネルがいっぱい降って来た!!!ちょっ・・・消せるパネルがっ・・・!!!」

ゆ「あっ・・・。」

六「ちょっ・・・なんかファンファーレ聞こえ・・・ギャー!!!何連鎖したのぉおおおおお!!!!!!!!」

ゆ「え?6連鎖w」

六「うわー!!!おっ・・・鬼がいるよぉおおおお!!!!!!!」

ゆ「あっ。ここも連鎖できたのに崩しちゃったw」

六「ギャー!!!そこで止めててくださいぃい!!!!!」

ゆ「そうやって頑張ってるヒムロちゃんが面白いwww」

六「ゆうちゃん、いつからそんな子になったの?!高校?!」

ゆ「いや~、今、高校とは違う立場だからwww」

六「ちょっ・・・!!!!」

ゆ「wwwwwwwwwwwwwwwwww」




彼女のコントローラー捌きは神レベルです。
あらゆるパターンがインプットされて、それを正確にこなすCPと同じ速度で彼女はパネルを消していくんです。
そのうえ、喋りながらですよ?
私にはそんな芸当で来ません・・・。


そんな相手に勝てるわけが無く、30戦中5勝ほどしかしておりません。
ハンデがかなり有りでですよ。
彼女の優しさとケアレスミスで勝てた感じです。


後日、パネポン大会続編として、ゆうさんのお家に遊びに行きました。
初めてスーファミを触らせていただきました。
ちょっとレトロな電子音が良いですね。コントローラーも単純でやりやすい。
キャラクター達も個性があって面白かったです。

あとは、ソウルイーターの画集を二人で見たり、戦時中の小型銃の実弾を見せてもらったり、
『本当は怖いポケモンの話』で盛り上がったりとにかく楽しいひと時でした。



ゆうさんの家を出て時刻はちょうど6時過ぎ。
いわゆる黄昏時。


車2台は並んでは走れないが、人通りも車も行き交う道路の左側を自転車で走っていました。
私のすぐ前を30代ほどの女性が私と同じように自転車で走っていました。


少し遠くから赤と白の服を着た、小学校高学年ほどの少年がこちらに走ってきました。
きっと急いで家に帰るのだろう。

道路の左側には民家のブロック塀が並んでいる。
このままだと、少年は私たちの自転車とブロック塀の間をすり抜ける形になって危ないので、私は少し道路の真ん中へ寄りました。
ちょうど前を走行中の女性の右斜め後ろに位置します。

少年が近づいてきたら前の女性も道路の真ん中へ寄るだろうと思い、女性を追い越さないようにしました。
しかし少年が近づいても女性は全くハンドルを切る気配が無い。


少年がちょうど私の位置からは前の女性で遮られて見えない位置になった次の瞬間。














少年が消えた。





女性の向こう側から出てこなかった。







勿論、民家のブロック塀が続いていて、曲がり角も人が隠れるような場所も無い。
幅1mも無い空間。


呆気にとられて声も出ない。
何度も何度も同じ場所を振り返り見て少年の姿を探したがどこにもいなかった。




「大人になると視えなくなる」とかよく聞きますが、
私にはまだこんなにはっきり視える力があるんだなとなんとも言えない気分でした。
彼が生きているのか死んでいるのか視分けれれば悩む必要は無いのに。





『黄昏時』
「誰(た)そ彼は?」を語源とした言葉である。
また、『逢う魔が時』とも言われる。



なんか暗くなったけどそんなことは気にしない!!
追記にペンタブで初めて描いたイラストが・・・。

期待はしないで下さい・・・。

*コメント返信*


か様

あぁぁぁテンションを下げてしまってゴメンナサイ・・・。
卒業遠足ではよく行き先に上げられる所なのに・・・。

カラオケ店、服屋情報、お役に立てれば嬉しいです。


ゆり様

>国家によるお茶目な陰謀
どういうわけか、こうなってました。
やっぱり狙われてるんですよハハハハハハハハハハハハハハ。

>えっ、駄目なんですか(゚Д゚ )
友人(男女ともに)に怒られました。

友「どういう意味か分かってんの?!」
六「え?どういう意味?」
友「・・・・・・・・・もうええわ。」

「きっと恋人同士がするものなのだな」とその時は納得しましたが・・・。
別に私は他人に梳られても撫でられても平気ですがね。

>アドレス
ありがとーございました。


>短編小説(?)

正直・・・本当にやってくれるとは思ってなかったです。
いや、ありがとうございます。
楽しませてもらいました。


突っ込みどころ満載の、か王子様の胸毛の元ネタも全てしょもたん様に読ませて貰いました。
彼女にはアドリブの才能が眠っていたのですね・・・負けてはいられません(笑)


XXX様が策士という地位なのに、私のイメージ映像では中国の皇帝みたいな服装でした(笑)
か様は定番のカボチャパンツの・・・。
・・・無茶苦茶アンバランスコンビです。



で、私は式士ですかw
百合様のほうが士っぽいですよ。

しょもたん様は予想以上にハルヒ的暴走(笑)


そして、文章がとても浅井ラボ風味ですね。
百合様らしいです。


思いついたらまた書いて下さっても結構ですよwww


ゆう様
先日はどうも。記事のネタにもさせてもらいました。
『銀魂』は家に帰って、録画したのを見ました。
あの冒頭はリアルすぎ・・・・・・。

>綾小路さん
おお!あなたもですか!!
彼女がUSJ内で一番面白いアトラクションだと思います。

>優先パス
あっという間に売り切れですよ(笑)
開園と同時に入れれば乗れると思います(笑)

>スズメ
鳥類はみんな可愛いwww

>荒川先生
ファンの私たちが支えてあげましょうよ!!!
さぁ皆さんご一緒に。荒川先生にエルリックテレパシーをぉおお!!!


>同じ記事
コッカノ インボウ デス・・・・・・。
kouseki

ソウルイーターの画集を見た後に描いたので、影響されまくってますね。
男物の服は難しい。


えくすかりばー

見ないでエクスカリバーに挑戦したけど敗北した図。
はい。いろいろ違いますね。分かってますよ。
スポンサーサイト
category
ヒトリゴト
Relation Entry

Comment

No title

黄昏時の話を読んでちょっとトイレに行くのが怖くなってきた…。ノミの心臓っ!

>別に私は他人に梳られても撫でられても平気ですがね。
中高生は特に色恋沙汰には敏感な年頃ゆえ、その気がなくても些細なボディタッチに過剰反応するんでしょう^^
そうか、平気なのか…。いや、なんでもないですよ…!?別に髪フェチだとか、そういうわけじゃありませんよ(ry

>異世界風冒険譚
短編小説と呼称すると世にある数多の正規の短編小説に失礼な気がするぞ!なにはともあれ楽しんでいただいて光栄です。ところどころ誤字もあって見苦しかったと思いますが、どうやら気付かなかったようでホッとしています、…あっ

浅井ラボ風味になったのは、咒式概念を登場させたことに起因していると類推されます。個人的には特定の一人の作家に文章が似通う傾向は避けたいので…。一方で、「咒式」という単語を使うだけで戦闘描写が非常にやりやすくなってビックリ。いわば手抜き戦闘シーン。さすが浅井さん考案の公式設定(笑)

また機会があれば何か書きたいですが、切っ掛けとなるネタは他人任せ。何かあれば宜しくお願いします、ガチ系でもギャグ系でも構いませんので^^
  • 2009⁄03⁄27(金)
  • 22:04

No title

こえーよ!今から風呂入んのに!!でももっと聞きたくなるのはなぜだろう

というか何このレッドクリフwwwてちょっと待て!!俺は胸毛はないぞ!他のところは想像にお任せします!その前に俺も元ネタ知りたい
それと髪の毛いじる意味も知りたい

服屋まだいってないww一段落ついたら行ってみたいと思います。本当にありがとうございました。
  • 2009⁄03⁄29(日)
  • 02:31
  • [edit]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。